カテゴリー別アーカイブ: ピレモンへの手紙

今日の聖書/「人は変わる」ピレモンへの手紙11節

20140710-081325-29605906.jpg
 「役立たず」とは、まさに私のためにあるようなことばですが、それでも神さまは「役に立つ者」へと造り変えてくださる方です。

 もともとの作りが悪いというわけではありません。神さまはそれぞれの人に特質や能力を与えておられます。
 役立たずであったのは、心根に起因します。
 自分勝手で怠惰なのです。ですから、与えられた力や時間、健康を無為に浪費するのです。

 この手紙はピレモンというクリスチャンへの伝道者パウロの手紙です。
 ピレモンのもとにいた奴隷であったオネシモが逃亡して、いまはパウロのもとへいるようです。
 オネシモは主人に多大な迷惑をかけたようです。
 しかし、今は違う、とパウロは言っています。彼は変えられた。私は彼を愛する兄弟として喜んでいる。
 どうかオネシモを送り返すので、暖かく迎えるように、と書き送るのです。
 パウロ自身はローマで身柄を拘束された身の上であるのに・・。

 私も、イエス様の愛に捉えられて、怠惰な罪人が牧師と呼ばれて働かせて頂いています。
 どうぞこれからも変えてください、と祈りたいと思います。
 神さまのお役に少しでも立つ者にならせてください。

「ヒソプをもって私の罪を除いてきよめてください。
 そうすれば、私はきよくなりましょう。
 私を洗ってください。
 そうすれば、私は雪よりも白くなりましょう。」
   詩篇51:7