カテゴリー別アーカイブ: 新約聖書

今日の聖書/「不思議な助言者」イザヤ書9章6節

img_4366.jpg
 英語では、ワンダフル・カウンセラーと訳されます。

 イエス・キリストの誕生をはるか昔に預言したこの箇所で、キリストは「不思議な助言者」と呼ばれています。
 本当にその通りです。

 行き詰まりや不安、絶望の中で、何度この方に助けられてきたことでしょう。
 祈りの中で平安を得、みことばによって力にあふれる経験をさせていただきました。

 朝ごとに、夕ごとに、語り合ってくださる神がおられるということ。

「ところが、私たちには、キリストの心があるのです。」
  第1コリント2章16節

今日の聖書/「見きわめることはできない」伝道者の書8章17節

img_4071.jpg
 ソロモン王は、誰よりも知恵ある人として知られましたが、彼はここで自分の無知を告白しています。
 結局のところ、分からないことだらけなのです。
 
 神さまの造られた世界の中で、神さまの時が流れています。
 誰もそのみわざを見きわめることはできません。

 人はなんとか、知り得ないことを知ろうとして、努力をします。
 「これは前世のたたりだ」とか、「今日のラッキカラーは」とか、そんなあてにならない話に、大切な人生の決断をゆだねたりもするのです。
 
 大切なことは、神さまの前にいと小さな自分であることを認めることです。
 私は世界を見きわめることはできませんが、神さまは私を見きわめるお方です。
 この方からの語りかけを受け止め、従って生きるなら、道を間違えることはありません。

「人がもし、何かを知っていると思ったら、
 その人はまだ知らなければならないほどのことも
 知ってはいないのです。
 しかし、人が神を愛するなら、
 その人は神に知られているのです。」
   第1コリント8:2-3

祈祷会ショートメッセージ録音ファイル「偽りのことばではなく」ヤコブ5章12節

img_4059.jpg
録音ファイルはこちらです。

今日の聖書/「喜びの朝を」詩篇90篇14節

img_1955.jpg
 どんなに打ちひしがれた夜があったとしても、神さまは喜びの朝を用意してくださいます。
 今日は受難日、イエス・キリストが十字架で死なれた日です。
 イエス様が死んでくださったのは、私たちの罪の身代わりです。
 神さまに背き続けてしまう自己中心な私たち。そこから生じる不安と孤独。
 その苦しみを解決するために、ご自分が身代わりの刑罰を受けてくださいました。

 十字架の悲しみの先には、イースター〈復活〉の喜びがあります。
 私たちに喜びの朝を与えるために、イエス・キリストは死んでくださいました。

「私たちは、キリストの死にあずかるバプテスマによって、
 キリストとともに葬られたのです。
 それは、キリストが御父の栄光によって
 死者の中からよみがえられたように、
 私たちも、いのちにあって新しい歩みをするためです。」
    ローマ6:4

今日の聖書/「力ある平安」詩篇29篇11節

img_1169.jpeg
 神さまは力強い方です。
 神さまがお命じになるとき、大いなるみわざがそこには起こります。

 「主の声は、力強く、主の声は、威厳がある」(4節)

 しかし、主はその声をもって私たちに力ある平安を語られるのです。
 弱くとぼしい私達ですが、ただ、神のみことばのゆえに、立って歩き、また安らぐことができるのです。

 イエス・キリストによって、神のことばははっきりと現されました。
 つまり、神は生きておられるということ。そして、私達をまったき愛で愛されていることが、明示されたのです。
 そして、この方を信じる人の内には、キリストご自身が聖霊によって住んでくださいます。
 ここに力ある平安があるのです。

「この希望は失望に終わることがありません。
 なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、
 神の愛が私たちの心に注がれているからです。」
   ローマ5:5

今日の聖書/「誇るべきもの」エステル記5章11節

IMG_9663-1.png
 王妃エステルは勇気を出して、ユダヤ人を救うために動き出していました。
 それは、大臣ハマンのほろびが近づいていることを意味していました。

 しかし、ハマンはそれにまったく気づかず、自分がエステルの宴に呼ばれたことに上機嫌で、家族と友人を呼んで自慢話に花を咲かせていました。

 彼の誇りは、財産、子どもたち、昇進などでした。いつの時代も、人の誇りはこういったものです。
 けれど、これらの誇りはやがて過ぎ去るものです。
 ハマンの虚しい誇りは、あわれですらあります。

 神に愛され、神の御心を知って生きること。これにまさる誇りはありません。
 私達を神の子どもとするために、イエス・キリストは十字架に架かって死んでくださいました。
 この事実にはっきりと表れている神の愛。
 ここに、永遠の誇りがあるのです。

「しかしあなたがたは、神によって
 キリスト・イエスのうちにあるのです。
 キリストは、私たちにとって、神の知恵となり、
 また、義と聖めと、贖いとになられました。
 まさしく、『誇る者は主を誇れ』と
 書いてあるとおりになるためです。」
   第1コリント1:30-31